理想の未来を創る
理想の未来を創る > 健康・美容 > びわを使ったこんにゃく湿布

びわを使ったこんにゃく湿布

最近下腹部に違和感を感じることがあり、こんにゃく湿布をすることにしました。

 

現代女性の多くは、子宮筋腫など何かしらの婦人病になりやすい。

 

これも食生活や、生活習慣の乱れなどからくることが多いんです。

 

先日健康診断をして、ちょうどストレスが溜まってるときで

胃の表面が少し炎症を起こしているとの診断がおりました。

 

 

これも含め症状が軽いうちになんとか治したいものですよね。

 

今回は以前やっていたこんにゃくの温湿布ではなく、

びわを使ったこんにゃく温湿布にすることにしました。

 

やり方は簡単。

 

こんにゃくを少し熱めに温めてタオルを巻き、

水洗いしたびわの葉をその下にしてお腹にあてるというもの。

 

 

うちは幸い都心にもかかわらず、元気な肉厚のびわの葉が手に入ります。

 

今日からこれを使って自然療法で治療していきます。

関連記事

  1. 子宮筋腫と足もみ 8か月続けての効果
  2. お尻の冷えをとるためにお尻のコリを取ろう
  3. 日々のエクササイズで子宮筋腫でもスリムに
  4. 便通の変化 何故か下痢が続いた
  5. 貧血でめまいがひどい ファイチを飲み始めてみた
  6. 毎朝のスムージー生活
  7. 4Kg痩せました
  8. スキマ時間を利用して美しくなるために有効活用しよう!
  9. シミを隠し福相を創る努力を始めてみた
  10. 子宮筋腫と足もみと潜在意識

トラックバックURL

http://kenkolifestyle.com/wp-trackback.php?p=144


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です