理想の未来を創る
理想の未来を創る > 潜在意識と宇宙の法則 > 何が正解だろう?と思い悩むことがなくなってきた

何が正解だろう?と思い悩むことがなくなってきた

量子力学というものを知り、宇宙の法則への理解が

今まで以上に納得できる形で深まってきた事

並行世界の存在が信じられるようになってきて

物の見方が劇的に変化してきた。

 

026ca39b68d3eac2989b0d3c6e574696_s

 

未来から今に向かって時間が流れてきていると

自分の中で感じられるようになってきてから

すごく気持ちがラクになってきた。

 

 

そして、未来も今いる自分と近い位置にあるということが

感覚として伝わってきはじめている。

 

過去から現在、未来へ向けて時間が流れていると考えていた頃は

未来との距離感を無意識に感じてしまうことが多かったが

未来は自分で創り出せる!

 

 

そして、その未来も何が正解かではなく

自分自身が選べばいいのだとピン!ときたことで

主体性を持って行動をとれるようになってきた。

 

これまでは、どれが正解だろう?

 

この道を進んでいって障害に出会ったら

それは違うという意味だろう

 

と、いったような

どこか恐る恐る道を踏み出している

正解を求めて右往左往している状態だったが

 

主体性を持つことで意識がかなり変わってきた。

 

正解はないのだ。

 

今、自分がどれを選びたいかなのだ。

 

この決めるという作業がとても重要なのだから。

 

関連記事

  1. 潜在意識とお金の引き寄せ2 お金の認識変更
  2. 潜在意識とお金の引き寄せ1
  3. 根拠のない自信を持つ これも自愛のひとつ
  4. 必要な縁は必ずもたらされる
  5. 未来日記で実現したこと
  6. 電子書籍「ザ・チケット」を購入してみた
  7. 女性だからこそ口角を上げて幸せを呼び込もう!
  8. 朝と夜に自分のためにゆったりとした時間を持つ
  9. 潜在意識の活用 自己対話力を高める
  10. 風邪で発熱 そこから考えたこと