理想の未来を創る
理想の未来を創る > 健康・美容 > 食べにくい玄米を手軽に摂るコツとは

食べにくい玄米を手軽に摂るコツとは

白米のおいしさに慣れてしまうと、なかなか食べ続けることができない玄米。

 

その栄養価の高さは一般的にも認知されているし、

栄養不足を補おうとサプリメントなどの売り上げは好調なのに、

玄米を日常の食生活に取り入れることは口で言うほど易しくない。

 

 

あのパサついた食感は苦手な人にも、

玄米の成分をそのまま粉にして

白米に混ぜて食べるということは容易にできるのではないでしょうか。
30年の研究の末にできた「玄米全粒粉」のリブレフラワーブラウン 500gがそれです。

 

 

こちらは玄米の栄養素・繊維もそのまま残しており、

さらに微粉体になっているため消化吸収が玄米そのものに比べてよく、酸化もしません。

 

玄米菜食が一番健康への近道なのですが、

よほどの病気じゃない限り継続は難しいものです。

 

このリブレフラワーを代用し、まずは栄養素を確保してみてはいかがでしょうか?

 

もちろん便通もよくなりますので、便秘でお悩みの方にももってこいです!

 

■コーヒー好きな方は、玄米の成分がそのまま摂れるブラックジンガーがオススメです。

黒焼玄米微粉・ブラックジンガーについてはこちらをお読みください。

関連記事

  1. 子宮筋腫と足もみ 8か月続けての効果
  2. お尻の冷えをとるためにお尻のコリを取ろう
  3. 日々のエクササイズで子宮筋腫でもスリムに
  4. 便通の変化 何故か下痢が続いた
  5. 貧血でめまいがひどい ファイチを飲み始めてみた
  6. 毎朝のスムージー生活
  7. 4Kg痩せました
  8. スキマ時間を利用して美しくなるために有効活用しよう!
  9. シミを隠し福相を創る努力を始めてみた
  10. 子宮筋腫と足もみと潜在意識

トラックバックURL

http://kenkolifestyle.com/wp-trackback.php?p=66


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です