理想の未来を創る
理想の未来を創る > 健康・美容 > びわの栄養成分

びわの栄養成分

■βカロテン(βカロチン)
※2000年 五訂日本食品標準成文表で”カロチン”⇒”カロテン”に表記が変更

 

体内で必要な量だけビタミンAに変化し

、残りは体内に蓄積されます。
活性酸素や過酸化脂質を除去するため、細胞を活性化させ

ガンや動脈硬化予防、老化防止に効果があります。

 

 

ビタミンAは油に溶ける脂溶性という性質を持ち合わせているため、

油と一緒に摂取することで摂取の効率がよくなります。

 

 

 

■ビタミンB群(びわの葉や種子に多く含まれる成分)

成分であるビタミンB17のアミグダリンに抗がん作用があり、

ガン予防や皮膚の炎症、糖尿病などへの薬理作用があります。

 

 

■ビタミンC

ビタミンCは白血球の活性化、抗ウィルスなどで免疫力がアップされ、

風邪の予防や美肌にも効果があります。

また、がん予防にも効果があるとの報告もされています。

 

■食物繊維

胃や腸の掃除をします。
整腸作用があるため便秘解消や、大腸がんの予防になります。

 

■カリウム

ナトリウムとバランスをとり細胞を正常に保つため、恒常性を維持することができます。
塩分の取り過ぎても、カリウムを摂取することにより、余計な塩分を排泄することができます。

 

■クエン酸

主に柑橘類に含有されている酸味成分で、体力回復にもつながります。
血液がサラサラになるため糖尿病や高血圧に効果があります。

 

■リンゴ酸

りんご酸はクエン酸同様果物などに含まれる酸味成分で、疲労回復に効果があります。

 

関連記事

  1. 子宮筋腫と足もみ 8か月続けての効果
  2. お尻の冷えをとるためにお尻のコリを取ろう
  3. 日々のエクササイズで子宮筋腫でもスリムに
  4. 便通の変化 何故か下痢が続いた
  5. 貧血でめまいがひどい ファイチを飲み始めてみた
  6. 毎朝のスムージー生活
  7. 4Kg痩せました
  8. スキマ時間を利用して美しくなるために有効活用しよう!
  9. シミを隠し福相を創る努力を始めてみた
  10. 子宮筋腫と足もみと潜在意識

トラックバックURL

http://kenkolifestyle.com/wp-trackback.php?p=88


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です